ジガミ岩しょうゆ
岩尾醤油醸造場
◆初代 孫次郎
 我が家の初代孫次郎(幼名糸吉)は、旧坂井郡鷹巣村松蔭区の孫左ヱ門の長男として、文化6年2月16日に生まれたが、幼少の頃より分家することを理想としていた。天保5年8月1日、22才でわずかの田畑と、日常品、仏具を譲り受け、実母及び弟岩蔵を伴ない分家し、孫次郎と改名した。
 家は和布永見大順の家を買いもとめ、現在の松蔭町3号1番地に建て、当地、勝明寺より土蔵を買いもとめ、塩魚を加工し、長橋とみの浦より2名を日雇いし、敦賀、三国間を小舟にて航海し、魚の売買で生計をたてていたが、翌々年、天保7年から8年にかけて、米穀の不作が続き、物価は高騰し、飢死する者も全国で多く出た。当地でも亀島の松、五尺廻り、八尺廻りまで、66本を売り払い、その代金を当家外2名を除き分配し生活にあてた状態で、この時、共に助け合って来た弟も23才の若さで他界し、その後は、孫次郎1人で母を養い、家業を営なまなければならなくなり、苦しい毎日がつづいたようだ。そのような状況の中で25才の時、当区孫左ヱ門6女、「いと」と、結婚した。そして飢えを乗りこえるため田の開墾と本業の漁業に取りくみ、食べんがために必死になって働いた。
 ようやく飢えものりこえ、これからと言う天保11年9月23日に、当区彦平より出火し、当家作業場など全焼しどん底につき落された。しかし、生来負けん気の彼は、翌12年四ヶ浦よりかやぶき1棟を買いもとめ、作業小屋など再建した。その後も数回の暴風雨等で、漁船をうしなったこともあるが、努力し続けて嘉永6年、5人頭の役をもらうまでになった。
 文久2年2月、長男初五郎と本家孫左ヱ門5女、「ゆう」と結婚したが、危険の多い小船運搬業を廃業し、漁業と魚加工を中心に計画をたてるようになった。しかし、長男初五郎は31才の若さで病死し、その頃より、安定した職業を求めて、醸造業の開業を決意した。そのため明治6年5月頃までに土蔵などを新築した。一方、長男死亡のため、4男乙五郎に家督を相続させ、ニ代目孫次郎を襲名させた。

◆ニ代目 孫次郎
 明治7年4月、漁業の他に新しく醤油醸造業を開業した。その後醸造業も順調に発展し、明治14年醸造の場所も手狭まになるまでになり、新しく土蔵1棟を建築し、醤油醸造に本格的に力を入れた。その矢先明治15年1月13日隣区より出火で、当区の家の大半が焼失する大火にあってしまった。その大火の際に孫次郎は、新築したばかりの土蔵内に″とじこもり火"が入って来ると、手押しポンプで消化にあたったため、醤油の原料や諸味だけは助かり、その後の復興が早く出来たのは不幸中の幸いであった。明治20年土蔵も再築し、もとの状態までに立直ることが出来た。
 その後、漁業、醸造業共々順調に発展した。そして、明治41年には、醸造所を2棟増築するまでになった。
 その間、ニ代目孫次郎は、村の種々な役職を務める一方、人望も集めるようになって来た。明治45年7月1日より塩小売業を開始し、大正3年には、麹製造の免許を受けて、その製造にも力を入れるようになった。
   
◆三代目 孫次郎
 三代目孫次郎は、乙五郎と、初五郎の子「いゑ」との間に、明治21年9月25日生まれ、幼名を光五郎と称し、明治45年5月5日、当区の阪下市郎右ヱ門長女、「かよ」と結婚し、大正14年家督を相続したが、彼は経営手腕があり、今までの家業を発展させる一方、木炭販売や、発動機船で底引網漁をし大正末期にはようやく家運の隆盛をもたらした。当家で製造した醤油は、当地はもちろん、船を持っていた関係上、鮎川、蒲生、茱崎、三国など、遠くは北海道まで販売していた。当時はまだ道が充分でなかったので、原料等の入手もすべて自家の船を利用していた。
 そのため運送費等の必要経費も少なくすることが出来ていたようである。
 なお、三代目については、残してある家訓を見ても、その人がいかに事業家であったかが、うかがえる。
 家訓とは次のようである。
   心得五ヶ条
一、本源の小さきを忘れ、流れの大きさほこらざる様、心がくべき事。
一、険と斉、勇と乱、愉と驕とをあやまだざるよう、心掛くべき事。
一、祖先より伝わりたる営業を盛大ならしめ、一家の円満をかかざらざる様、心掛くべき事。
一、営業は、すべて時代により、吉凶あれば時にならい、営業の盛緩を計り、開運の期を待つべき様、心掛くべき事。
一、従来より伝わりたる営業を廃止し、経験のなき営業に専念せざる様、心掛くべき事。
  このように我が家運に大きな貢献をなしたニ代目は、昭和18年に、三代目は昭和10年に他界した。
   
◆四代目 孫次郎  
 幼名久義は、明治42年11月20日、坂井郡春江町田端の上野弥兵衛の五男として生まれ、昭和8年11月4日長女光枝(現代表者)と結婚し、父の死後昭和10年より家督をつぎ四代目孫次郎を襲名したが、戦いは激しくなり、船は戦争にかり出されて、醤油も統制時代に入り、暗い毎日であった。
 戦後間もない昭和21年6月、醤油醸造を家業の中心とすべく、糸崎地区「現在地」に倉庫、諸味倉、作業場等を新築し、その後、ボイラー圧搾機等も入れ工場内も合理化し、自動車も買入れた。
 昭和33年、当家発展に長年大きな力をあたえてくれた漁業も、不振と漁夫不足のため廃止し、醤油醸造一つに家業をかけることになった。しかし、ニ代目も、四代目も、村や、地区役職を多く持ち、地域の発展にカを入れる事が多く、この間には、三代目、四代目ともその実弟の協力があったことを忘れてはならない。昭和47年2月17日4代目も急病死し、その後、妻光枝を責任者として全員協力し、家訓を忘れず家業に精を出している。昭和48年には、創業百年祭も行い現在に至っている。