サカイしょうゆ
坂井醤油醸造株式会社
 私達の会社は、昭和18年5月、物資統制時代に三国町中元にて、坂井郡一円の個人醤油醸造業者が統一、坂井醤油合同会社を設立した。それは、旧三国町中元の森田一郎の設立によるもので、初代代表者として、森田氏のもと発足した。

 当時の合同業者は次の通り、
  丸岡地区 松田、長呂、細井
  金津地区 田端、青柳、倭田
  三国地区 林、橋野
  芦原地区 藤野

 終戦後、坂井醤油味噌合同有限会社と名称を改め、代表者として、藤野義雄氏が就任した。
 昭和38年4月1日、三国町米ヶ脇に新工場を建設し、資本金、1,220万円で、組織を改め、坂井醤油醸造株式会社とし、代表取締役に、藤野義雄氏が就任した。
 昭和53年11月30日、藤野義雄氏は死亡され、後任に松井正信氏が代表取締役に、昭和53年12月1日をもって就任された。
 当社は37年の歴史と共に、時代の変化に伴って、設備の近代化につとめ、品質の向上に務めている。敷地1300坪に延べ400坪の工場が、東尋坊近くの防風林の中に、建てられている。